colorful present

画材や文房具のことをご紹介しています!

ステッドラー カラト アクェレル

ステッドラーはドイツのメーカーで、文房具、製図用品、画材など様々なものを扱っています。どれもスタイリッシュなデザインで素敵です。今回は、水彩色鉛筆のカラトについてご紹介します。

購入のきっかけ

色数が多いセットを購入したいと考えていたときに、冬限定デザインの箱に入っていたものを文房具屋さんで見つけました。もう手元にはありませんが、雪と家が載っていたような?素敵なイラストに惹かれちゃいました。毎年デザインは変わるようです!

どんな水彩色鉛筆?

f:id:fukuharaeimix:20211001103622j:plain

芯が中硬質なので折れにくく、色鉛筆としても使いやすいです。水で溶かさないで描いても発色がよく、硬質の色鉛筆よりも少し柔らかい芯です。芯を尖らせることもできるので、細かい表現をするのには最適です。描いてから溶かすと、さらに発色がよくなり、水に色が溶けやすいです。耐光性もあるので、作品をどこへでも飾っておくことができます。

カラーバリエーションについて

12、24、36、48、60セットがあります。バラでも販売されているので、気になる色だけでも購入できます。36色セットから2段になっています。初めて購入するという方は、24色セットで十分かと思います。グリーン系、ブルー系、グレー系をよく使う方は36色以上がいいかもしれません。

色見本

私は奮発して48色セットを購入しました。

f:id:fukuharaeimix:20211001103656j:plain

あまりたくさんあると、色選びに迷ってしまい、使うのを躊躇してしまいこんでいました。なので…全部缶から出して、箱にバラバラに広げて使ったりしていました。今はだいたいどんな色なのかわかったので、ペン立てに立てています。

私の使い方

アナログ塗りらしくしたいときは、色鉛筆のように描いて、水筆で溶かして使っています。全部溶かさないで一部は濡らさないでおくと質感が残せます。また、芯に水筆を直接当てても色を取ることができるので、筆跡を残したくない、水彩らしく塗りたいときにこの塗り方をしています。色を最初から濃く取りたいときにも、この手法を使っています。

他にも下書きとしても使っています。お気に入りの色の43番ピーチで下書きをして、その上からペン入れをして、下書きを消さないでそのまま水彩色鉛筆で塗ります。

f:id:fukuharaeimix:20211001103718j:plain

少し色は残りますが、水を使って描くことで色が混色されたり伸びたりするので、温かみのある作品になります。

f:id:fukuharaeimix:20211001103741j:plain

私はトレース台がないので、直接本番の紙に描いています。

アナログのよさは一発勝負ですが、水彩色鉛筆だと多少失敗したとしても、色を重ねて修正したり、作品の味としていいかなと思えます。

塗り絵にも重宝してます。こちらは、井田千秋さんの塗り絵「森の少女の物語」を塗ったものです。

f:id:fukuharaeimix:20211001103821j:plain

 

水彩色鉛筆は、水筆と一緒に使うと使いやすいですよ。もちろん普通の筆も使えます。

 

fukuharaeimix.hatenablog.com