colorful present

画材や文房具のことをご紹介しています!

ステッドラー ウォーターブラシ

ステッドラー水筆をご紹介します。

購入のきっかけ

ステッドラーの水彩色鉛筆を使っているので、合わせて使ってみたいなと思ったからです。
fukuharaeimix.hatenablog.com

どんな水筆?

軸全体が六角形になっているので、机に置いても転がりません。水を入れるときは、筆と軸を外します。軸はスポイト状になっているので、軸を押しながら直接水道の水を入れるか、コップに入れた水を押しながらを入れていきます。筆は、ナイロン製です。

水筆の種類について

全5種類あります。それぞれ、筆の太さが違っていて、軸の色も違います。筆の種類は、細筆・中筆、太筆、平筆、はじめてのウォーターブラシ(中筆)があります。私は、軸が青色の中筆タイプのものを使っています。

筆先は、少し固めですが、しなやかな書き心地です。他のタイプの筆はまだ使ったことがないのでお試しできたらと思っています。

私の使い方

水彩色鉛筆を水で溶かす際に使っています。わざわざ、筆と水入れを別々に用意しなくていいので、さっとお絵描きができます。
固形水彩絵の具を溶かすこともできます。
fukuharaeimix.hatenablog.com
また、水性ペンを溶かすのにも便利です。
fukuharaeimix.hatenablog.com

もう少し安価な水筆がいい、という方にはダイソーにもあるので、お試しで使ってみて下さい。
fukuharaeimix.hatenablog.com