colorful present

画材や文房具のことをご紹介しています!

ホルベイン ケーキカラー

ホルベインは日本のメーカーで、いろいろな絵具や水彩紙などを扱っています。今回は、固形水彩絵の具のケーキカラーについてご紹介します。

購入のきっかけ

ツイッターで、お友達が使っていたのを見て興味を持ちました。その後どんな画材なのか質問してから購入しました。

どんな水彩?

固形水彩絵の具です。ケーキカラーとは、水彩絵具の水分とってから、固めたものです。粉みたいな感じになってると思われます。水をつけた筆でなでるだけで、色が出てくるのでそのまま水彩として使うことができます。
透明と不透明色の2種類あります。
f:id:fukuharaeimix:20211001103959j:plain
このように、カラフルな見た目でかわいいです。上はパレットになってるので混色するのも簡単です。発色がよく、耐光性もあります。

カラーバリエーションについて

透明、不透明のどちらも12、24色セットがあります。ホワイトはチューブに入っています。単品での購入もできますよ。透明は全26色でゴールドとシルバーがあるようですが、これはセットには入っていません。

色見本

私は透明の24色セットを持っています。24色から2段になっています。
f:id:fukuharaeimix:20211023233505j:plain
f:id:fukuharaeimix:20211023233514j:plain

私の使い方

2段になっているので、広げて使います。私は主に、水筆を使って塗っています。最初に絵の具の上から水を一滴くらい落として使ったら、よく溶けます。見た目でだいたいどの色かわかるところがいいなと思います。よく使う色を並べ替えて、パレットをカスタムすることもできます。また、塗り絵にも使えます。こちらは、井田千秋さんの塗り絵「森の少女の物語」を塗ったものです。
f:id:fukuharaeimix:20211001104042j:plain
他に、水彩色鉛筆と合わせて使っても楽しいですよ。例えば、水彩色鉛筆の青で描いた後に、透明水彩の青で溶かしてみたり。色合いが違うのが楽しめます。
気軽に使えて、かわいいものが好きな方におすすめです。
固形水彩で、持ち運びに便利な呉竹の透明水彩もおすすめです。
fukuharaeimix.hatenablog.com