colorful present

画材や文房具のことをご紹介しています!

トンボ鉛筆 プレイカラー2、プレイカラーK

トンボ鉛筆は日本のメーカーで、鉛筆やボールペンなどの文房具を扱っています。今回は、プレイカラーとプレイカラーKについてご紹介します。
f:id:fukuharaeimix:20211022090418j:plain

購入のきっかけ

学生の頃、友達が使っていた色が綺麗だったので使ってみたくなったからです。それから、愛用しています。

どんなペン?

プレイカラーシリーズはツインタイプの水彩ペンです。
プレイカラー2は太書き用繊維芯と極細プラ芯で、太芯は1.2㎜、細芯は0.4㎜です。長く使っていると、太芯が少しつぶれて太くなる気がします。
f:id:fukuharaeimix:20211022090450j:plain
プレイカラーKは太芯は0.8㎜、細芯は0.3㎜で2より細くなっています。こちらの太芯は耐久性があり、2よりも硬くつぶれにくくなっています。キャップは透明になっています。
f:id:fukuharaeimix:20211030141908j:plain
細芯もかなり硬くなり、描きやすくなっています。
f:id:fukuharaeimix:20211030142253j:plain

カラーバリエーションについて

プレイカラー2は、全36色。濃い色が多い感じがします。鮮やかでノートが華やかになります。

プレイカラーKも全36色。ですが、パステルカラーなど淡いかわいい色が多いです。
セット売りは6、12、24、36色で販売されています。

色見本

プレイカラー2のだいだい、きょうむらさき
f:id:fukuharaeimix:20211030142317j:plain
プレイカラーKのコーラルピンク、アクア
f:id:fukuharaeimix:20211030142332j:plain
単品で購入していて、お店に並んでいるのを見て、これかわいい!という色を選んでいます。お気に入りの色だとやる気アップする気がします。

私の使い方

ノートをまとめたり、日記、手帳に使ってカラフルでかわいくしています。薄い色だとノートに裏移りしにくいです。
塗り絵やちょっとしたイラストを描くのにも、発色が綺麗で楽しいですよ!全部でなく、ポイント使いするのもおすすめです。例えば色鉛筆と合わせて使ってみたりもいいかと思います。ペンケースに入れていると、カラフルでとってもかわいいので見ているだけで癒されます。
f:id:fukuharaeimix:20211022090524j:plain
注意点としては、キャップ式なので、布のペンケースに入れるときはしっかり蓋をしましょう。私は以前、蓋をちゃんと閉めていなくて白いペンケースが真っ青に染まりました(水色を愛用していたので)。結構たくさんインクが入っています。