colorful present

画材や文房具のことをご紹介しています!

トンボ鉛筆 プレイカラードット

トンボ鉛筆のプレイカラーシリーズより、プレイカラードットについてご紹介します。


プレイカラー2とkについてはこちらから。
fukuharaeimix.hatenablog.com

購入のきっかけ

ツイッターの友達が、イラストに取り入れていたのを見て、使ってみたいと思ったからです。

どんなペン?

直径5㎜の均一な丸いドットが打てる水性ペンです。反対側はチップタイプの0.3㎜の細いペンになっています。このドットの色と細い方の色は少し違います。ドットの方が薄く、細い方は濃くなっていますので、ドットと合わせたイラストや文章を描く際に、メリハリがつけられます。またドットの方は、太線を引くこともできます。画用紙などひかかりのある紙に書く際は少しかすれやすいです。

カラーバリエーションについて

全12色展開で、ダイソーでも購入可能です。ダイソーには6色しか置いていませんでした。3色セットもあります。

色見本

私は買った3色はこちら。かわいい色です。
f:id:fukuharaeimix:20211022091347j:plain

私の使い方

プレイカラードットだけでも、丸と線を合わせてイラストが描けます!
f:id:fukuharaeimix:20211022091408j:plain
他のプレイカラーシリーズと合わせて描いても楽しいです。
f:id:fukuharaeimix:20211022091422j:plain
ただ丸を描くのと違って丸をスタンプのようにぽんっと押しているため、色が濃くなりにくいです。
垂直に押さないと丸が欠けてしまいますので、少しコツが入ります。イラストは全て、マルマンのスケッチブックに描きました。発色がいいです。ノートにも描けるので、手帳や日記のデコレーションもできますよ〜
f:id:fukuharaeimix:20211022091447j:plain
薄い紙に使う場合は、ドットが裏移りする場合がありますのでご注意ください。使う紙によっても雰囲気が変わると思うので、いろいろお試ししてみてください。