colorful present

画材や文房具のことをご紹介しています!

ホルベイン ウォーターフォード水彩紙

ホルベインの水彩紙についてご紹介します!以前、お試しセットが当選しましたので、全て使わせて頂きました。今回はウォーターフォード(300g)についてご紹介します。

どんな水彩紙?

ナチュラルとホワイトの紙色がある、コットン100%の水彩紙です。絵の具の吸い込みを抑えるので、鮮やかに発色し、にじみやぼかしも綺麗です。紙は強いので、スクラッチマスキングも可能です。

種類について

ブロック、スケッチブック、カットされたもの、ポストカード、色紙があります。紙の目は、細目・中目・荒目があります。

使い心地

ウォーターフォードナチュラル中目


紙は少しクリーム色で、厚みがあり、ペンはひっかかってしまってうまく描かけず。鉛筆がよかったかもしれないです。消しゴムはかけすぎるとけばけばになりそうでした。
発色はよく、綺麗に水を吸ってくれました。にじみがいつもと違う気がして、何度か重ね塗りしましたが破れませんでした。クローバーがなんだかマットな仕上がりになってしまってます。水彩色鉛筆と背景にホルベインのケーキカラーを使いました。
fukuharaeimix.hatenablog.com

ウォーターフォードホワイト細目


さらさらとペンがひかからずに描けました。色鉛筆も色が乗りましたので、たんぽぽの主線にしてみました。発色もよくて、細かく描くのには向いていると思います。水彩色鉛筆で塗りました。

ウォーターフォードホワイト中目


下書きを水彩色鉛筆のカラトで、主線は鉛筆で描いて下書きを残したままその上から着色しました。はっきりしたカラーにしたくて、服とチューリップにはインクテンスを使用しています。
fukuharaeimix.hatenablog.com
特にチューリップに色を重ねましたが、紙が耐えてくれました。発色もよいです。

ウォーターフォードホワイト荒目


下書きは水彩色鉛筆カラトで。その上から鉛筆で主線を描きました。パンジーは下書きの線をそのまま主線にして、上から色をのせています。肌はスタビロで、花はステッドラーのカラトで塗りました。もうちょっと色をはっきりさせたほうが綺麗だったかも…と思いつつ。荒目なので、鉛筆があらぬ方向に行ったりしてなかなかに苦戦しました。
アヴァロン水彩紙についてはこちらから
fukuharaeimix.hatenablog.com